歯科の治療にはさまざまな種類があり、その人の症状において施術をアレンジすることが可能です。

虫歯治療の例

治療する歯科医

虫歯を削って詰める

虫歯を削って詰める場合、冷たいものがしみるぐらいの軽度の虫歯なら陶器やプラスチック・金属などを詰める方法があります。
歯は自分の力で失った部分を再生できないので、陶器やプラスチック・金属などの材料をつめて保護することが可能です。
陶器は材料の強度的な問題があり歯を削る場所が増えますが、色も良く見た目が良いので人気があります。
プラスチックは変色や収縮といった変形があるので、詰めるところによっては詰め替えをする時期が早まるでしょう。

費用も安く削る量も少なく済むのが特徴です。

虫歯を削って詰める

歯の神経を取る方法もあり歯が強く痛んだり温かいものでしみると、神経を取るという治療になります。
歯の根っこの先を針で突いたようなわずかな傷口が残るぐらいで、痛みを解消することが可能です。
症状により3回~4回の通院で完了することができます。
但し、この処置に不手際などがあると抜歯する可能性もあるので、虫歯や歯の根っこに膿みを作り病巣が進行してしまった場合は数年で抜歯になります。

歯を削ってかぶせる

歯を削ってかぶせる方法があり、歯の土台に歯をかぶせることが可能です。
神経を取った歯はうるおいがなくなりもろくなります。
神経がある時と比較すると少しもろくなる傾向があり、詰め物で修復すると力のかかり具合などから歯が欠けたり破折するケースもあります。
削る量が多くなりますが、かぶせ物にすることで長持ちすることもあるでしょう。

治療に対する不安を取り除く

歯の治療に不安を持っている人に対して基本的に歯を削らないよう取り組んでいる歯科医師もいて、いろいろなリスクなどに関して相談することをおすすめします。
できるだけ削らないような素材を選んだり、かぶせ物の種類によって歯を削る量にかなりの差があるので、施術を受ける前にカウンセリングなどを受けておいて不安を解消すると良いでしょう。
自分に合った方法を選択することが大切です。
施術後の自宅でのケアで長持ちすることができるので、自宅ケアの方法に関してヒアリングしておくと便利です。
最近ではインターネットを検索すると歯科治療に関していろいろな記事を見つけることができるので、知識を増やすことができたり施術を受けるための準備にもなります。
クリニックによっては自費診療か保険診療でかなり費用が異なるので、価格設定に関しても事前にチェックしておくことをおすすめします。

歯医者にも自費診療と保険診療がある!

歯の治療には自費診療と保険診療があります。
自費診療の場合歯医者によって費用が異なり、保険のきかない歯科治療には例えば病気のない人の検査や予防処置・歯列矯正治療などが対象です。
貴金属やセラミックのクラウンといったかぶせる治療や、ブリッジなどのつなげる治療もあげられます。
金属を多く利用している義歯や美容的な治療も対象となり通常の虫歯治療は保険診療に入るのですが、虫歯や歯周病といった口内トラブルを防ぐような予防歯科の分野になると保険は基本的にきかないので注意が必要です。
審美歯科で扱っている美容目的などの治療に関して、患者は治療費用を全額自己負担することになるので事前に準備しておいたり保険適用になる種類の知識を持っておくと良いでしょう。

保険診療の場合は治療に利用する素材が限定的ですが自費診療の場合は詰め物やかぶせ物などの素材をクリニックが選ぶことになるので、患者ひとりひとりの症例などに応じて最適だったり最新の素材を選択することが可能になります。
このことによって身体親和性がアップし、同時に虫歯の再発や歯周病などのリスクを最小限に抑制することができる効果も期待できるでしょう。
保険診療の内容は公的機関によって予め値段が設定されていて限られた時間や費用の中においてできる範囲でしか治療を行えないというケースもありますが、自費診療の場合はこのようなさまざまな制約がないので十分な時間や自分に合った最適な素材などを選択し利用することで再治療の可能性を抑えることができる精度の高い治療を行うことが可能です。
但し、治療に関して歯科医師による説明をきちんと受けたり、治療法における実績や経験などがあるかどうかも確認することが重要です。
歯科医師の技術や知識などを確かめるために、クリニックでの実績や症例・歯科医師の経歴などを紹介してもらうとよいでしょう。
家族の誰かが通っているなら、実際施術を受けた家族にヒアリングしてみると確かです。

できるだけ費用を抑えて治療を受けたいと思いがちですが長い目で見ると最善策とは言えないケースもあり、極端に安い費用だと品質の良くない材料を使っていたり技術的に低い場合もあります。
一生涯付き合っていくことになる大事な歯なので、事前にカウンセリングなどを受けて不安な点などを解消しておくと良いでしょう。
歯科医師やクリニックの実績なども確認しておき、施術内容はもちろん費用に関してもチェックし信頼できるクリニックを選ぶことをおすすめします。

最近の記事

  1. 2018.4.3

    インビザラインで矯正の悩みを解消

    歯並びが悪いと笑顔に自信が持てなかったり、人前で話すのが億劫になったりする人もい…

  2. 2018.2.27

    歯列矯正は人それぞれだから矯正歯科へ

    歯医者にはそれぞれ得意分野が存在し、虫歯や歯周病などの一般歯科をはじめ、口腔内を…

  3. 歯科の医療機器

    2018.1.24

    オールオン4とジルコニアでインプラント治療

    歯を失ってしまった患者さんは、入れ歯よりもインプラントを希望するようにな…

  4. 歯のレントゲン写真

    2017.12.23

    歯医者は歯がない人にはインプラント治療を勧める

    歯医者に行って、歯がないときは治療を勧められます。 少し前までは、入れ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る