• 2018.2.27

歯列矯正は人それぞれだから矯正歯科へ

歯医者にはそれぞれ得意分野が存在し、虫歯や歯周病などの一般歯科をはじめ、口腔内を美しい見た目にする審美歯科や、歯並びを整える矯正歯科などがあります。
もしも歯並びが気になって歯列矯正したい時は、その人の歯の状態や生活スタイルに合わせて様々な治療の選び方ができる矯正歯科がおすすめです。

矯正歯科の中でも、日本矯正歯科学会の認定医・専門医ならば信頼感が高いのもポイントです。
日本矯正歯科学会の認定医および専門医は、矯正治療に関する学識と経験を十分に有している歯医者に与えられるものです。
知識に加えて豊富な症例を取り扱ってきた経験がある歯医者なので、治療が難しい歯列矯正にも対応可能です。

また、歯医者だけでなく歯科医院内にある設備も、適切な治療を受けるために充実しているに越したことはありません。
歯列矯正は日々新しい技術が研究されている分野なので、最新設備を導入している歯科医院では新しい歯列矯正の治療を受けることができます。
ホームページなどを用意している歯科医院ならば、どのような設備があるかを紹介しているので、最新設備の確認が可能です。

埼玉にある八潮市の有名な矯正歯科なんかも有名ですし、みなさんのお住まいの地域で信頼できる歯科医院をホームページや口コミから探してみてください。

歯列矯正は子供から大人まで受けることができ、歯医者によって小児矯正と呼ばれる子供の矯正を得意とする場合があります。
子供は成長途中のため、歯列矯正の最中にも顎の骨が発達していきます。
そのため、すでに顎の形が決まってしまった大人よりも歯の位置を調整しやすいと言われていますが、歯に余計な力をかける生活習慣や癖で再び歯並びが乱れやすいのも特徴です。
小児矯正を得意とする歯医者ならば、治療に加えて生活習慣や食生活の指導など、多角的な観点からのサポートが受けられます。

一般的に歯列矯正は、歯の表面にブラケットと呼ばれる器具を装着し、そこにワイヤーを通して歯に力をかけていく方法でした。
近年では器具を透明なものにして目立たなくしたり、歯の表側でなく裏側に器具を取り付ける方法もあります。
歯を大きく動かすのでなければ、透明で取り外し可能なマウスピースを装着する治療法も近年取り扱う歯科医院が増加しています。

治療法の中には、歯並びの乱れが軽度の場合に限られるものもあり、歯医者と選び方をしっかり相談するのが大切です。
従来の治療が難しい場合は、大学病院などの設備が整い高度な治療に対応できる歯医者に頼る方法もあります。
歯科医院の中には大学病院と提携している所もあるので、身近な歯科医院から紹介してもらうのも一つの手段です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る