• 2018.1.24

オールオン4とジルコニアでインプラント治療

歯科の医療機器

歯を失ってしまった患者さんは、入れ歯よりもインプラントを希望するようになりました。
インプラントは歯のない部分のあごの骨にチタンを埋め込み、その上に人口の歯を装着するという治療法です。
ただ、失った歯の本数が多ければ多いほど必要なチタンが増えてしまうので、患者さんの身体的な負担や経済的な負担が多くなってしまいます。

そこで、オールオン4という新しいインプラント治療法が登場しました。
すべての歯がない場合でも、たった4本のチタンで人工歯を支えられるように設計されています。
場合によっては、抜歯したその日のうちにオールオン4の治療に入ることができ、歯のない期間を作らずに治療を進められるというメリットがあります。
治療回数も減らすことができ、患者さんの負担軽減にもつながります。
体への負担も減るので、手術の面で不安だった患者さんも治療を受けられるようになりました。

オールオン4は、チタンを埋め込んだその日のうちに仮歯まで装着することが可能です。
従来のインプラントでは、チタンを埋め込んでからしばらくは骨と結合するのを待つ期間が必要だったので、治療回数を減らすだけでなく、見た目や噛み合わせの面でも大きなメリットがあります。
オーツオン4は安定した作りになっていて、歯のない人でもきちんと噛めるようになっています。
短期間で治療できますが、審美性の回復と噛む機能の回復が早く話題になっています。

チタンの上に装着する人工歯は、今までセラミックが主に使われてきました。
セラミックは透明感のある白さが特徴で、とてもいい素材なのですが、硬い物を噛んだり、歯ぎしりをすると割れてしまうという面がありました。
そこで、最先端の素材であるジルコニアが使われるようになりました。
ジルコニアは人工ダイヤモンドのことで、とても強い強度が特徴です。
色も白いので、金属のように口の中で目立ってしまうことはありません。

オールオン4もジルコニアも、インプラントに応用されるようになったのは比較的最近です。
けれども、それぞれ素材の特徴や治療法を考えることで、多くの患者さんに受け入れられるようになりました。
扱っている歯科医院も元々は少なかったのですが、少しずつ増えてきました。
歯を失ってしまった患者さんの治療の選択肢のひとつとして、オールオン4やジルコニアが選択されるような時代です。
噛めることはもちろんですが、よりきれいに美しく治療したいという患者さんの願いをかなえるための治療と言えるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る